2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ウソを見抜けないといけない・・・と言われてもなぁ~ | トップページ | ヒューマノイドロボットHRP-4Cの記事を書いています »

2009年5月10日 (日)

JSTニュース2009年5月号に記事を書いています

 書店で販売されている雑誌ではないのですが、科学技術振興機構(JST)が発行しているJSTニュースの2009年5月号に記事を書いています。

 普段、この雑誌ではライフサイエンス関連の研究成果の紹介を担当することが多いのですが、今回は道路橋の損傷を遠隔監視するためのシステムが開発されたという話題です。

 私自身、この記事のための取材ではじめて知ったのですが、首都圏で使われている道路橋(特に首都高速のもの)は、建設されて長い期間がたっているため、金属疲労による損傷のリスクは結構高いんだそうだ。

 じゃ、新しく道路橋を架け替えればいいのかっていうと、首都高を長期間閉鎖して工事を行うなど不可能なようで、なんとか小さな損傷のうちに見つけて、補修することで長く使い続けるというのが現実的な対策のようです。

 そのために小さな損傷でも捕らえられる遠隔モニタリングシステムが求められており、今回の記事は、それが開発されましたっていう話題です。

 JSTニュースは、各地の博物館などで配布されていますし、ネット上でも見られますので、良かったらご一読を!

http://www.jst.go.jp/pr/jst-news/2009/2009-05/page08.html

 また、この記事の下ネタとなる、プレスリリースは、以下のサイトでご覧いただけます。

http://www.jst.go.jp/pr/info/info623/index.html

 ではでは・・・。

« ウソを見抜けないといけない・・・と言われてもなぁ~ | トップページ | ヒューマノイドロボットHRP-4Cの記事を書いています »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536948/44961264

この記事へのトラックバック一覧です: JSTニュース2009年5月号に記事を書いています:

« ウソを見抜けないといけない・・・と言われてもなぁ~ | トップページ | ヒューマノイドロボットHRP-4Cの記事を書いています »