2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« タミフル耐性の新型ウイルス ヒト-ヒト感染の可能性が示唆される | トップページ | 「子供の科学」2009年11月号に記事を書きました »

2009年10月 9日 (金)

JSTニュース2009年10月号で記事を書いております

 発行されてから数日経っておりますが、JSTニュースの2009年10月号で記事を書いておりますので、ご紹介させちただきます。

 今回のテーマは“免疫リプログラミング”です。

 リプログラミングというと、分化した細胞を脱分化させることを想起される方も多くいらっしゃるかと思いますが、成熟した免疫担当細胞も、未分化な免疫担当細胞が分化した結果ですから、免疫担当細胞の分化の仕組みが明らかになり、自由に脱分化させることができるようになれば、さまざまな免疫疾患を治療できるのではないかという考え方の研究を紹介しています。

 印刷物のJSTニュースは、全国の博物館、科学館で配布しているようですが、以下のウェブサイトでも読めますので、ご一読いただければ幸甚です。

http://www.jst.go.jp/pr/jst-news/2009/2009-10/page08.html

 ではでは・・・。

« タミフル耐性の新型ウイルス ヒト-ヒト感染の可能性が示唆される | トップページ | 「子供の科学」2009年11月号に記事を書きました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536948/46438292

この記事へのトラックバック一覧です: JSTニュース2009年10月号で記事を書いております:

« タミフル耐性の新型ウイルス ヒト-ヒト感染の可能性が示唆される | トップページ | 「子供の科学」2009年11月号に記事を書きました »