2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 事業仕分けは若手研究者の進路にも影響しそうな気配です | トップページ | 温暖化の影響でオーストラリアでは鳥類のサイズが小さくなってしまったっていうんだけど・・・ »

2009年12月24日 (木)

メディカルバイオ2010年1月号に記事を書きました

 皆様、お世話になっております。

 12月22日に発売になりました、メディカル・バイオ(オーム社発行)2010年1月号にて2件の記事を書きました。

 1つは、私が担当している連載の「先駆者(プレカーサー)」でして、自治医科大学、東京大学の間野博行教授に取材させていただき、肺がんの原因となるEML4-ALK融合遺伝子の発見から、その治療までの話を紹介させていただいております。通常、この連載は4ページ構成なのですが、今回は特別ヴァージョンとしてカラー6ページとなっております。

 それから、もう1件、東京大学医科学研究所の上昌広特任准教授にインタビュー取材をお願いし、新型インフルエンザワクチンの騒動を受けて、日本のワクチン行政の構造的問題を語っていただきました。

 機会がありましたが、ご一読いただければ幸甚です。

http://www.ohmsha.co.jp/medicalbio/

 ではでは・・・。

« 事業仕分けは若手研究者の進路にも影響しそうな気配です | トップページ | 温暖化の影響でオーストラリアでは鳥類のサイズが小さくなってしまったっていうんだけど・・・ »

ライフサイエンス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536948/47102391

この記事へのトラックバック一覧です: メディカルバイオ2010年1月号に記事を書きました:

« 事業仕分けは若手研究者の進路にも影響しそうな気配です | トップページ | 温暖化の影響でオーストラリアでは鳥類のサイズが小さくなってしまったっていうんだけど・・・ »