2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 事業仕分けで予算縮減となったはずのスパコンの開発なのですが・・・・ | トップページ | アメリカのベンチャー企業がiPS細胞の特許を取得したっていうんだけど、なんだかなぁ~ »

2010年2月 9日 (火)

「子供の科学」2010年3月号にカブトムシの周年羽化の記事を書きました

 成虫で越冬するクワガタと違い、カブトムシは夏の終わりに繁殖を終えると死んでしまうため、通常、秋から春までは生きた成虫のカブトムシを見ることはできません。

 ところが、群馬県桐生市にあるぐんま昆虫の森では、カブトムシを一年中羽化させる周年羽化を可能にし、常に生きた成虫のカブトムシを展示しています。

 そこで、ぐんま昆虫の森が行っている周年羽化を取材させていただき、その記事が明日(21日)発売の「子供の科学」(誠文堂新光社発行)に掲載されます。

 機会がありましたら、ご一読を・・・。

http://www.seibundo-shinkosha.net/

http://www.giw.pref.gunma.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000000

 ではでは・・・。

« 事業仕分けで予算縮減となったはずのスパコンの開発なのですが・・・・ | トップページ | アメリカのベンチャー企業がiPS細胞の特許を取得したっていうんだけど、なんだかなぁ~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536948/47521244

この記事へのトラックバック一覧です: 「子供の科学」2010年3月号にカブトムシの周年羽化の記事を書きました:

« 事業仕分けで予算縮減となったはずのスパコンの開発なのですが・・・・ | トップページ | アメリカのベンチャー企業がiPS細胞の特許を取得したっていうんだけど、なんだかなぁ~ »