2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« メディカルバイオ2010年3月号に記事を書きました。 | トップページ | 『The Cove』のアカデミー受賞を受けて考えた »

2010年3月 4日 (木)

人身売買を防ぐべく、ハイチで行方不明の子供のDNAサンプルを収集

 このところ、目先の仕事の追われ、ブログの更新が滞ってしまい申し訳ありません。まだ、切羽詰まった状態が続いておりますので、今回の更新は手短に・・・。

 日本ではあまり報道される機会は少ないようですが、世界的にみると、人身売買(Human Trafficking)ってけっこう大きな問題になっています。

 2003年にユニセフが発表したプレスリリース(※)によると、人身売買によって犯罪組織が得る収益は120億円にも達するというのですから、日本にいて普通に実感できる以上に、人身売買の問題は根深いようです。

 最近でも、大地震後の混乱の中にあるハイチで、多くの子供たちが行方不明にあり、そのうちの相当数の子供たちが人身売買の対象になっているというんです(※※)。

 そこで、The Life Technologies FoundationLife Technologies Corporationが運営する非営利団体)が、PROKIDS(子供の人身売買撲滅に取り組む非営利団体)と共同で、ハイチの子供たちを狙った人身売買や不法な養子縁組を防ぐべく、行方不明になった子供の親のDNAサンプルを集めると発表したようです(※※※)。

 今回の取り組みは、親のDNAサンプルを集め始めたってことなので、行方不明になった子供のDNAサンプルも入手できれければ、照らし合わせることはできないのですが、こうした取り組みだけでも人身売買を行おうとする犯罪組織に対しては、一定の抑止効果をもたらすのかもしれませんね。

 こうした取り組みが一助となり、子供の人身売買が少しでも食い止められることを願うばかりです。

http://www.unicef.or.jp/library/pres_bn2003/pres_03_17.html (※)

http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-13522220100126 (※※)

http://www.lifetechnologies.com/life-technologies-foundation-and-dna-prokids-team-prevent-child-trafficking-haiti.html (※※※)

 ではでは・・・。

« メディカルバイオ2010年3月号に記事を書きました。 | トップページ | 『The Cove』のアカデミー受賞を受けて考えた »

ライフサイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536948/47722956

この記事へのトラックバック一覧です: 人身売買を防ぐべく、ハイチで行方不明の子供のDNAサンプルを収集:

« メディカルバイオ2010年3月号に記事を書きました。 | トップページ | 『The Cove』のアカデミー受賞を受けて考えた »