2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

カテゴリー「書籍・雑誌」の記事

2010年3月15日 (月)

「子供の科学」2010年4月号でワシントン条約の解説記事を書きました

 刺身や寿司ネタになる大西洋クロマグロの国際取引規制が論議されるとあって、13日から開催されたワシントン条約(CITES)の第15回締約国会議(COP15)が新聞、テレビで頻繁に紹介されていますね。

 国際取引が基本的に禁じられる附属書Ⅰへの掲載が論議されるとあって、その多くを輸入している日本にとっては大きな問題なわけですが、大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)が規制を講じても、なかなか資源量の回復が見られないということなので、国際取引を一定程度規制するのはしかたがないのかもしれません。

 ただし、規制が強化され資源が回復した後、スムースに規制が緩和されるかどうかが気になるんですよね。水産資源量の推定は科学的には可能であっても、それをどう評価するかは政治的な力学が働くものだから、「資源量が増加→国際取引の規制緩和」とスムースに移行するかどうか・・・。難しい問題です。

 それから、現在、書店に並んでいる「子供の科学」(誠文堂新光社発行)で、ワシントン条約の解説記事を書かせていただきました。機会がありましたら、ご一読を・・・。

http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=2628

 ではでは・・・。

2010年2月26日 (金)

メディカルバイオ2010年3月号に記事を書きました。

 皆様、いつも当ブログにアクセスしていただき、ありがとうございます。

 さて、今回はちょっと宣伝をば・・・。

 22日に発売になりました、メディカルバイオ誌(オーム社発行)に掲載されている2件の記事の原稿をかかせていただきました。

 1件は、このブログでもしばしば触れている科学技術政策に関連しまして、事業仕分け、最先端研究開発プログラム、ポスドク問題などについて、中川正春・文部科学副大臣に取材したインタビュー記事です。

 もう1件は、先駆的なライフサイエンスの研究をしている研究者を紹介する連載記事でして、理化学研究所の大野博司先生にご協力いただき、腸管免疫のメカニズムの一端が解明され、それを活用することにより、経口ワクチンを開発できることができるのではないか・・・という話です。

 機会がありましたら、ご一読いただければと思います。

http://www.ohmsha.co.jp/medicalbio/

 ではでは・・・。

2010年2月18日 (木)

iPad発表以降、書籍の電子化の話が盛んに語られていますね

 iPad発表以降、書籍の電子化の話が盛んに語られていますね。私自身、出版業界の末席で仕事をさせてもらっているので、編集者との打ち合わせなどの際に、雑談程度に「電子書籍化の対応やってます?」って聞いたりしています。でも、私の付き合いの範囲では、会社として特別なことはやっていないとのことでした。それにけっこう楽観視している編集者が多いですね。

 もちろん、これまで紙媒体での出版が主流だったのが電子化すれば、出版社、そして、そこで働く編集者にとって、産業革命的な激変になるんでしょうが、書籍が電子化してもコンテンツを制作することにはかわらないから、出版社はコンテンツ制作業として生き残れるだろうとことらしいんですな。

 ただし、そうなってくると出版社は、機能的に編集プロダクションと変わらなくなってしまうから、従来の「出版社=発注者」、「編集プロダクション=受注者」というヒエラルキーは変わってしまうかもしれないって話にもなりました。

 紙媒体の場合、一冊の本を出版するのに一定のイニシャルコストが必要だけど、電子書籍の場合、印刷、製本、流通のコストはかなり圧縮できるだろうから、編集プロダクションが出版社的に現在の版元機能を担うようになってくるに違いないと・・・。そうなるとコンテンツ制作能力いかんにより、新興の編集プロダクションの中には急成長するところも出てくるかもしれませんね。

 それに、街中の書店とAmazonを比べていると、やっぱりまだネット書店は本を探しにくく感じます。昨年、秋に千葉の田舎に引っ越してから、Amazonを利用する機会は増えており、過去の購入歴からのレコメンドもちゃんとチェックしているものの、Amazonのレコメンドで「こんな本が出たのか? 買わなくちゃ!」ってなることはほとんどない・・・というか、そんなこと一回もないんじゃないかな。

 まぁ、こうなるのは今でも取材や打ち合わせで都心に出かけた折には、必ずといっていいほど大型書店を巡っているからなんだろうけど、書店で見つけて「いい本だ」と思って購入した本の多くを、Amazonが勧めてくれていないのも否めぬ事実ですね。要はAmazonだけでは見つけられない本も多いってことです(もちろん書店だけでも見つけられないままの書籍はおおいんだろうけど、紀伊国屋、ジュンク堂あたりの書店巡りとAmazonを比べると、書店のほうが圧倒的に未知の本との出会いが多い)。

 著者やタイトルがわかっていれば、Amazonでも探せるわけだけど、まったく未知の著者の未知の作品ではほとんど探せないわけだから、今後はネット書店の中でいかに目立てるかっていう宣伝戦略が、電子書籍時代のコンテンツ制作業者に求められるのかもね・・・。

 それから書籍の電子化についてもう一点。

 今の電子書籍のハードって、書き込み(マーカーライン引き)、ページの角折り(ドッグイヤー)、付箋貼りってできないんでしょ? これって自分の本読みスタイルからすると致命的なんですよね。この点は今後の製品開発次第なんだろうけど、この機能がないと「電子書籍はダメ!」って人は多いんじゃないかなぁ。

 というわけで、今回は科学ニュースのご紹介ではなく、電子書籍に関してつぶやいてみました(←最近、始めたTwitterの影響ですね)。

 ではでは・・・。

2010年2月 9日 (火)

「子供の科学」2010年3月号にカブトムシの周年羽化の記事を書きました

 成虫で越冬するクワガタと違い、カブトムシは夏の終わりに繁殖を終えると死んでしまうため、通常、秋から春までは生きた成虫のカブトムシを見ることはできません。

 ところが、群馬県桐生市にあるぐんま昆虫の森では、カブトムシを一年中羽化させる周年羽化を可能にし、常に生きた成虫のカブトムシを展示しています。

 そこで、ぐんま昆虫の森が行っている周年羽化を取材させていただき、その記事が明日(21日)発売の「子供の科学」(誠文堂新光社発行)に掲載されます。

 機会がありましたら、ご一読を・・・。

http://www.seibundo-shinkosha.net/

http://www.giw.pref.gunma.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000000

 ではでは・・・。

2010年1月21日 (木)

3冊目の単行本『群れるいきもの』が発売になります

 皆様、お世話になっております。

 いつも当ブログでお立ち寄りいただきありがとうございます。

 さて、明日(122日)、私の3冊目の単行本『群れるいきもの』が発売になります。

 群集をつくる野生生物の生態を紹介する写真図鑑でして、『どうぶつ奇想天外』などの動物番組で有名な千石正一さん(自然環境研究センター)に監修をお願いし、私が執筆いたしました。

 Amazonでは、以下で紹介しております。

http://www.amazon.co.jp/%E7%BE%A4%E3%82%8C%E3%82%8B%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%82%82%E3%81%AE-%E6%96%89%E8%97%A4-%E5%8B%9D%E5%8F%B8/dp/4796675027/ref=pd_ybh_6?pf_rd_p=74287706&pf_rd_s=center-2&pf_rd_t=1501&pf_rd_i=ybh&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=0FNM958JSY1NDPX0M6WK

 もし機会があればご一読いただければと思います。

 ではでは・・・。

2010年1月20日 (水)

本当か? 不況下で科学雑誌が盛り上げる?

 現在の不景気は、「100年に一度の不況」と言われているわけですから、出版業界だけの不景気ではないんでしょうが、長年、雑誌を主体としたライターをやっていると、年々、業界事業が厳しくなっているように感じられます。

 特に科学雑誌は深刻で、講談社のQuark、朝日新聞のSciasがあった頃は、それなりに仕事はあったわけですが、いずれも休刊(廃刊)したことで、それまで科学関連の記事を書いていた先輩諸氏(当時はまだ駆け出しの新米ライターだたので、周囲にいる科学ライターはみんな先輩でした)が、科学関連以外の仕事に携わるようになっていまいました。

 私の場合、雑誌での原稿執筆だけでなく、テレビの科学番組の制作に加わらせていただくなどして、なんとか科学関連の話題だけで仕事をさせてもらっていますが、それでも厳しい状況であることは間違いありません(純粋な科学雑誌だけでは食べられないから、過程の医学っぽい記事から、自然観察関連のアウトドア記事も時々書いていますし、名前の出ないゴーストライターもやっています)。

 ところが、そんな業界の状況とは真逆の、科学雑誌が盛り上がっているというニュースが、ダイヤモンド・オンラインで紹介されているんですよ。一時期、Yahooのトップページのニュース項目に加えられていたので、ご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 というわけで、科学メディアに関わっている者としては、これは見逃せないと思い、さっそくチェックしてみたのですが、なんかよくわからない記事でした。この記事で紹介しているのは、学研の「大人の科学マガジン」でして、昨年、学童誌の「学習」と「科学」の年度末での休刊が発表されただけに、同じ出版社が発行する同誌は元気だってことを紹介しようとする趣旨の記事なんでしょうが、だったらせめて部数の推移を紹介してくださいよ。

 もちろん、必ずしも発行部数と雑誌の質は一致しないとは思いますよ。でも、「大人たちの間で、密かな「科学本ブーム」が起きているのを、ご存知だろうか?」(記事より引用)って紹介するなら、最低限、ここ数年の部数の推移を示し、売れ行きが上向いていることを示さないといかないんじゃないかなぁ。

 ご存知の方も多いかと思いますが、「大人の科学マガジン」は、学研らしく付録に力を入れており、過去、天体望遠鏡、風力発電キット、針金録音機が付けられており、付録に合わせた記事が特集記事となっています(というか、特集記事に合わせた付録といったほうがいいのかな?)。ダイヤモンド・オンラインで紹介している最新号のVol.26には、アンプ付きのエレキギター(といっても4弦ですけど・・・)が付録となっています。

 だから、かつて「科学」を買ってもらい、その付録を楽しんだ世代の大人たちが、「大人の科学マガジン」を買っているということなんだけど、部数の推移は全く触れられていないから、売れ行きが伸びているのかどうかはわからないまま。これだと、ただ記者が買ってみて面白かったのを、一般論にすり替えて「盛り上がっていますよ」って紹介しているだけのように読めてしまうんだけど・・・。

 まぁ、こうして科学雑誌が一般誌(ダイヤモンドなので経済誌と言ったほうがいいかな?)で紹介されて、売り上げが伸びれば、科学メディアの復興にもつながるので、いちゃもんばかり付けてもしょうがないんだけど、業界の実情を知っている者としては、タイトルにある「不況下で盛り上がる「科学雑誌」人気」っていうのにはちょっと首をかしげてしまうんだなぁ~。

http://diamond.jp/series/brandnew/10248/

 ではでは・・・。

2010年1月18日 (月)

「がんサポート」2010年2月号に記事を書きました

 皆様、お世話になっております。

 現在、書店に並んでいる「がんサポート」(エビデンス社発行)にて、胃がんの腹膜播種に対する腹腔内化学療法の紹介記事を書かせていただきました。

 通常、胃がんは粘膜で発生し、進行とともに粘膜下へ浸潤していき、腹腔内に播種(腹膜播種)すると、その予後は非常に悪くなります。

 そうした進行胃がんに対して、腹腔内に直接、抗がん剤を投与する腹腔内化学療法が実施され、これまでの臨床研究では良好な成績を収めています。

 機会がありましたら、ご一読いただければと思います。

 http://www.evidence-inc.jp/

 ではでは・・・。

2010年1月13日 (水)

子供の科学2010年2月号でアムールトラの記事を書きました

 現在、書店に並んでいる子供の科学(誠文堂新光社発行)20102月号で、絶滅の危機に瀕するアムールトラの記事を書いています。寅年最初の発行号ということでの記事ですので、機会がありましたら、ご一読いただければと思います。

 ではでは・・・。

2009年12月24日 (木)

メディカルバイオ2010年1月号に記事を書きました

 皆様、お世話になっております。

 12月22日に発売になりました、メディカル・バイオ(オーム社発行)2010年1月号にて2件の記事を書きました。

 1つは、私が担当している連載の「先駆者(プレカーサー)」でして、自治医科大学、東京大学の間野博行教授に取材させていただき、肺がんの原因となるEML4-ALK融合遺伝子の発見から、その治療までの話を紹介させていただいております。通常、この連載は4ページ構成なのですが、今回は特別ヴァージョンとしてカラー6ページとなっております。

 それから、もう1件、東京大学医科学研究所の上昌広特任准教授にインタビュー取材をお願いし、新型インフルエンザワクチンの騒動を受けて、日本のワクチン行政の構造的問題を語っていただきました。

 機会がありましたが、ご一読いただければ幸甚です。

http://www.ohmsha.co.jp/medicalbio/

 ではでは・・・。

2009年12月13日 (日)

東野圭吾の本を紹介した別冊宝島が文庫化されました

 科学研究の成果を紹介するつもりで立ち上げたブログですが、ここのところ新たな科学ニュースを紹介する更新もせず、宣伝ばかりですみません。

 とはいえ、私にとっては飯のタネですので、ご理解ください。

 この春に発行されました別冊宝島「僕たちの好きな東野圭吾」が文庫化されました。

 「サイエンスライターが、東野圭吾とどう関係あるの?」と思われるかもしれませんが、東野作品の中には理系的な話題がちりばめられたものがけっこうありまして、サイエンスライターの視点で、東野圭吾の2作品をレビューさせていただいています。

 機会がありましたら、ご一読いただければ幸甚です。

http://www.amazon.co.jp/%E5%83%95%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E5%A5%BD%E3%81%8D%E3%81%AA%E6%9D%B1%E9%87%8E%E5%9C%AD%E5%90%BE-%E5%AE%9D%E5%B3%B6SUGOI%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%81%B8-1-20/dp/4796675566/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1260611589&sr=1-2

 ではでは・・・。

より以前の記事一覧